ペイズ出金

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

--> 3"B http://google.com/ads/remarketingsetup ---------------------------------------------------> 本学で学びたい方へ 卒業生の方へ 在学生の方へ 保護者の方へ 企業・一般の方へ アクセス お問い合わせ先 ご寄付について 日本語 ENGLISH 大学について 大学について 学長メッセージ 大学概要 建学の精神 沿革 組織 校章・校歌 学則・諸規則 大学の基本方針 3つのポリシー グローバル・ポリシー 障がいのある学生への支援に関する基本方針 未来ビジョン 大学の取り組み 内部質保証について 自己点検・評価 認証評価 SDGsへの取り組み ハラスメントについて 個人情報保護方針 キャンパス・施設 キャンパス 横浜・関内キャンパスの市民開放エリアについて 大学施設のご利用について 所在地・アクセス方法 大学情報の公開 メディアライブラリ 学校法人 関東学院 系列校の紹介 学部・大学院 学部・大学院 学部 国際文化学部 社会学部 法学部 経済学部 経営学部 理工学部 建築・環境学部 人間共生学部 教育学部 栄養学部 看護学部 大学院 文学研究科 経済学研究科 法学研究科 工学研究科 看護学研究科 大学院の学費について 神奈川県内大学院学術交流協定 インスティテュート キリスト教人間学インスティテュート グローバルインスティテュート スポーツインスティテュート 教育 教育 教育の特色 3つのポリシー 総合大学の幅広い学び 社会連携教育 初年次教育 少人数教育 国際化教育 宗教教育 ICT活用支援 高等教育研究・開発センター 教職支援センター KGUデータサイエンスプログラム 学びの場の提供 高大連携 職業実践力育成プログラム(BP) 履修証明プログラム「KGUプラチナ」 公開講座 横浜学・関内学 科目等履修生・聴講生 研究生 特支二種免許法認定講座 シラバス 緊急時の授業等の取扱い 研究活動 研究活動 研究紹介 研究報「Research Expectations」 研究者インタビュー動画「#KGU_RESEARCHERS」 研究機関・センター 総合研究推進機構 社会連携センター 高等教育研究・開発センター キリスト教と文化研究所 材料・表面工学研究所 大沢記念建築設備工学研究所 防災・減災・復興学研究所 人文科学研究所 法学研究所 地域創生実践研究所 経済経営研究所 工学総合研究所 人間環境研究所 看護学研究所 図書館 各館のご紹介 ご利用案内 卒業生・一般の方のご利用 学術情報検索・リンク集 図書館メールレファレンス 図書館公式サイト 研究者データベース 機関リポジトリ 出版会 キャリア・国際交流 キャリア・国際交流 国際交流 国際化教育 海外留学・研修プログラム 留学準備 学内での国際交流活動 外国人留学生のサポート 国際センター キャリアサポート キャリア教育 キャリア支援 資格課程 取得を目指せる資格 教職支援センター インターンシップ制度 就職支援センター KGU就活NAVI 卒業生の主な進路・就職先 日経HR「価値ある大学 就職力ランキング2023-2024」 採用担当の皆さまへ  卒業生への就職支援 キャンパスライフ キャンパスライフ 学生生活サポート 学生支援の取り組みについて 奨学金制度 学費 健康管理 アルバイト 購買部・食堂部 証明書の発行と各種手続き 年間スケジュール・授業時間 インターナショナル・レジデンス 障がいのある学生への支援について 学修サポート 学習支援塾 教職支援 ICT教育サポート クラブ・サークル スポーツセンター CAMPUS TOPICS 関連サイト KGUポータル manaba KGU Mail KGU 就活NAVI バイトネット ICT 活用サイト Web OPAC 機関リポジトリ 学術情報検索リンク集 学校法人関東学院 公式サイト 関東学院大学 受験生サイト 関東学院大学同窓会・燦葉会 本学で学びたい方へ 卒業生の方へ 在学生の方へ 保護者の方へ 企業・一般の方へ アクセス お問い合わせ先 ご寄付について 日本語 ENGLISH SNS HOME TOPICS 経済学部でプレゼミナール最終報告会を行いました。 学び 社会連携 2024.02.20 経済学部でプレゼミナール最終報告会を行いました。 #経済学部 #プレゼミナール #横須賀市 2月1日(木)、横浜・金沢八景キャンパスのベンネットホールにて、経済学部プレゼミナールの最終報告会が行われました。 経済学部では横須賀市の協力を得て、市の課題解決に向けた取り組みを1年生のプレゼミナールで行っています。今年度は「若年層への普及・啓発」を共通課題として、「谷戸の再生・活性化」、「よこすか野菜」、「1万メートルプロムナード」、「アーバンスポーツ」の4つのテーマについて、初回の授業で横須賀市の職員よりそれぞれお話ししていただきました(その際の記事はこちら)。各ゼミナールでは、それぞれのテーマについて、課題背景への理解や課題解決のためにどういった戦略が必要なのか、学び、議論してきました。この最終報告会では、横須賀市の職員のほか、他大学の教員や次年度のプレゼミナールに協力いただく企業関係者にもお越し頂き、各クラスのグループごとに、横須賀市に若い世代を取り込むために必要なものについて、調査した結果や解決策を発表しました。 初めに豊田奈穂准教授より開会の挨拶があり、「経済学部では、経済社会の課題解決のために『経済学』でアプローチし、能動的で体系的な学びを身に付けるK-micsと呼ばれる学習プログラムを推進しています。今日の報告会は外部の来賓の方も来ているので、発表する皆さんにとっては学びを深めるとても良い機会だと思っています。皆さんが学んだ成果を期待しています」と、これから発表する学生たちへのエールを贈りました。 1つのテーマについて、各2チームの計8チームが発表を行いました。どのチームもテーマに沿った、課題背景や横須賀市の現状を調査した結果を提示し、解決に向けた方法を他の自治体の例や、横須賀市の特性を踏まえ発表しました。最終的には、横須賀市特別賞として、SNS班チームの「インスタグラムフォロワーをいかに増やすか」、学部長賞として、INONAKAチームの「アーバンスポーツの町 横須賀としての認知度上昇と練習場所の拡大」が受賞しました。 SNS班チームの発表では、「よこすか野菜」をテーマとし、よこすか野菜の認知拡大・イメージアップのために、横須賀市水産業振興課アカウントのSNSフォロワーを増やすことが必要だと提案。フォロワーを増やすために、フォロワー数が多い横須賀市内の公的アカウントや、他の自治体の農業系アカウントと比較を行い、それぞれがどういった戦略でフォロワーを獲得しているか、調査した結果を説明し、横須賀市水産業振興課アカウントの活用方法を提案しました。 データを活用し、根拠を示しながら、提案内容を説明した点が横須賀市から評価され、今回の受賞に至りました。発表した1年生の石渡陸さんは、「説明すると早口になるので、それをブレーキできるように心がけました。発表ではパワーポイントの文字を減らして、見やすい内容になるように工夫しました。今回の発表で数字を扱う難しさを知ったので、今後は統計学を学び、数字を上手く扱った分かりやすい根拠を示せるようになりたいです」と口にしました。同じく1年生の栗田直さんは、「私も発表が聞き取れるように、はっきりとしゃべることを心がけました。私はSNSアカウントの調査が担当だったのですが、多くのSNSアカウントの活用状況をまとめるのがとても大変でした。現在は経済学の基礎を学んでいますが、より専門的な内容を学んで、実践的な力を身に付けていきたいと思います」と今後の学びへの意欲を口にしました。 INONAKAチームの発表はアーバンスポーツの認知度向上のため、横須賀市内の駅構内にインパクトのある看板広告を掲出し、「体験してみたい」と思うような人を増やす試みを提案しました。また、パンプトラックと呼ばれる、集客施設向けのBMXやスケートボード、ランニングバイクなどが楽しめる凹凸(おうとつ)のコブが連続した波状コースを横須賀市内の廃校舎や商業施設などに常設し、体験できる機会やそれを認知する機会を増加させる方法を提案しました。 発表した1年生の磯邉龍空さんは、「今回の発表に向けて、現地に行って調査をしたり、横須賀市のホームページから情報を得たりなど、色々な方法で提案内容の根拠を調べたのはとても良い経験でした。私自身6年間横須賀市の学校に通っていたので、横須賀のために何か力になりたいという想いが評価されたのはとても嬉しいです。今回の経験を生かし、環境社会学に興味があるので、2年生からはその分野を専門的に学んでいきたいと思っています」と口にしました。同じく1年生の相原爽舞さんは、「大勢の前で発表する機会が今まで無かったので、発表の準備を入念にやってきました。今回のような自治体で働く現役職員の方に提案できる機会は中々ないと思うので、とても貴重な経験になりました。将来は公務員を目指しているので、今回のような経験を今後の大学生活で多く積んでいきたいと思います」と自身の将来に向けた想いを話してくれました。 最後に吉田千鶴経済学部長より、「大学で学んでいる内容と実社会とのかかわりは実感できる機会が少ないと思いますが、今回のプレゼミナールではその結びつきを色々な視点で捉えることが出来たのではないかと思います。皆さんの素晴らしい発表を聞いて、どのチームも頑張っていた想いが伝わってきました。今後の皆さんの学びに期待しています」とプレゼミナールの取り組みについての総評を述べられました。 また今回K-micsサポーターとして、オレンジ色のポロシャツを着た2年生以上の経済学部の学生たちも最終報告会の運営に携わりました。学部一丸となり、盛況に終わったプレゼミナール最終報告会。今後も関東学院大学は地域や自治体と連携した教育を推進していきます。 トピックスについてのお問い合わせ 関東学院大学 広報課 住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045-786-7049 FAX:045-786-7862 E-mail:[email protected] SHARE: 大学について 学長メッセージ 情報公開 大学概要 大学の基本方針 大学の取り組み キャンパス・施設 ご支援のお願い 学部 国際文化学部 社会学部 法学部 経済学部 経営学部 理工学部 建築・環境学部 人間共生学部 教育学部 栄養学部 看護学部 大学院 文学研究科 法学研究科 経済学研究科 工学研究科 看護学研究科 教育 教育の特色 学びの場の提供 シラバス 緊急時の授業等の取扱い 研究活動 研究報Research Expectations 研究機関・センター 図書館 機関リポジトリ 研究者データベース 国際交流・キャリア 国際交流 キャリアサポート 採用担当の皆さまへ 卒業生への就職支援 キャンパスライフ 学生生活サポート 学修サポート クラブ・サークル活動 取材/撮影のお問合せ オンラインサービス KGUポータル manaba KGU Mail KGU 就活NAVI バイトネット ICT 活用サイト Web OPAC 機関リポジトリ 学術情報検索リンク集 関連サイト 学校法人関東学院 公式サイト 関東学院大学 受験生サイト 関東学院大学同窓会・燦葉会 ご利用規約 個人情報保護方針 サイトマップ 採用情報 横浜・金沢八景キャンパス 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL 045-786-7002 横浜・関内キャンパス 〒231-0031 横浜市中区万代町1-1-1 TEL 045-264-4311 横浜・金沢文庫キャンパス 〒236-8502 横浜市金沢区釜利谷南3-22-1 アクセス

銭形4エクストラボーナス エリーゼ・メルテンス エリーゼ・メルテンス Sugar Rush 1000をデモモードで無料プレイ
Copyright ©ペイズ出金 The Paper All rights reserved.